キシェの暮らしスタイル


by キシェ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

大阪/ コーヒーワークショップ へ コホロ/Elmers Green コーヒーカウンター

            普段、珈琲も好きでよく飲みます。
 珈琲は豆で買って♪ ミルを使ってゴリゴリと挽いてからドリップしているのですが、
    自己流なので^^;;一度淹れ方をちゃんと習いたいと思っていました。
 そこで、先日、大阪市内のカフェのコーヒーワークショップ に行って来ました〜^^♪
b0223999_13401019.jpg

         お店は、コホロ/Elmers Green コーヒーカウンター
       カフェで、ゆっくり珈琲が飲めるようになっているのですが、
珈琲の他にもケーキやジャム・セレクトされたうつわや作家さんの作品も販売されており
              生活提案型の素敵なお店です。

b0223999_1343844.jpg

              少人数のワークショップで、
     焙煎の浅いモノから深いモノまで5種類の珈琲が用意されており、
               まずは、カッピング。
     カッピングとは、ワインを選ぶ時のテースティングのようなもので、
      甘味、酸味、苦味、あとに続く余韻などの味や香りをきく方法。
       それぞれ味が異なり、温度によっても味が変化していきます。
       今まで思っていた味と違ったモノもあり、良い体験でした。
     珈琲の味も言葉で表現する時はフルーツにたとえたりするそうです。

b0223999_13412279.jpg


           次に、3種類の方法で珈琲を淹れていきます。

                まずは、ドリップ方式。
b0223999_13441080.jpg

  豆の量・温度・淹れ方などを実践で見せてもらいながらポイントを教わりましたが、
     最終的には、淹れながら自分の好みの味を作っていくことだそうです。
          豆の量は1杯分15〜18g・2杯目からはプラス5g

b0223999_13451668.jpg


               そして、フレンチプレス。
      元々はフランスで珈琲用の抽出器具として開発されたのですが、
           日本では紅茶を淹れるのにおなじみの器具。
     お湯を淹れるとアクがでるので、取り除いてからプレスしていきます。
       雑味が出やすいので、浅く焙煎した豆に合う淹れ方です。
b0223999_13454548.jpg


             ちょっと珍しい、エアロプレスも。
    アメリカ生まれの器具なのですが、北欧でもよく使われているそうです。
       こちらも、手で圧力をかけながら抽出していくのですが、
           蒸らし時間や抽出時間を調節することで、
 エスプレッソ風の濃い味わいになったり、あっさりお茶のような味わいになったりと、
              楽しみ方が広がる淹れ方です。
b0223999_13462253.jpg


   最後に、珈琲とブラウニーをいただきながら、みなさんといろいろなお話を…。
           珈琲も東と西では好みが違っているそうで、
      東京のカフェでは、比較的浅く焙煎したナチュラルな珈琲が多く、
関西は、まだまだ昔ながらの深く焙煎したしっかり濃い味の珈琲が好まれているとのこと
           我が家は、やはりしっかり関西派です(笑)
b0223999_1347297.jpg

                       珈琲豆のおみやげも頂いて^^♪
                   グアテマラ:エル・インヘルト1 サンタロウ

b0223999_13475311.jpg






ワークショップは夕方からだったので、
帰る時間には真っ暗になっていました。
お店は、地下鉄御堂筋線・淀屋橋駅の近く。
エントランスも店内も素敵なお店です。


★コホロ/Elmers Green コーヒーカウンター★
大阪市中央区今橋3丁目グランサンクタス1F
TEL:06-6210-1602
WEBサイトは>>>こちら
[PR]
Commented by astro_terria at 2013-12-07 07:59
私も一度、きちんと珈琲を習いたいんですよー。
深く焙煎されてドリップで淹れた苦味のある珈琲が大好きです。
前回、日本で珈琲ミルを買って帰ってくるのをうっかり忘れてしまいました 涙。
こっちで手動式のミルになかなか出会わないんです。
Commented by qooaki2001 at 2013-12-07 10:07
私も自己流なので 習ったみたいです~。
素敵時間ですね!
Commented by chicher at 2013-12-07 15:06
☆きー。 sama☆

こんにちは〜☆

今回のワークショップ、今まで思っていた事とは違った事もあって、
いろいろ勉強になりました。
きー。さんも苦味のある珈琲がお好きなんですね〜!!
珈琲を飲んでる感じがして美味しいですよね^^*
そちらには手動式のミルがなかなか無いとは意外です。
今度日本に帰った時には是非getを…(笑)
何も考えずに珈琲豆を手動のミルで
ゴリゴリする時間も結構好きなんですよね〜♪
以前は電動でしていたのですが、味も断然美味しいです。
Commented by chicher at 2013-12-07 15:14
☆qooaki sama☆

こんにちは〜☆

今回のワークショップは勉強になったのは、もちろん、
いろいろ情報交換も出来て楽しい時間が過ごせました。
今まで思っていた事とは違った事もあって、
苦味のある珈琲が好きだったのですが、
こちらで飲んだ浅く焙煎したナチュラルな珈琲が美味しかったのに、
びっくりでした^^♪
Commented by oliverlocca at 2013-12-08 17:51
キシェさん
こんにちは:) 私もキシェさんの隣に座らせてもらって
ワークショップ参加してみたかったなぁ ... 
何だか"茶道"ならぬ"珈琲道"って感じですね。楽しそう ♪
珈琲の知識、全くない私ですがウェールズで、とてもファンになったのが、
コクがあってリッチなタンザニア珈琲。普段私はどうもアフリカ系が
好みのようなんですが、グアテマラも美味しいですよね。
サンタロウというのも、甘い香りなんですか?
キシェさんのブログ色々勉強になって、楽しいです。
ありがとうございます:)
Commented by reimamaa at 2013-12-09 08:32
はじまして
初コメです。

お弁当ブログからやって参りました。
とってもいい香りがして…

私は酸味がチョット苦手なんですが、
カフェをやっている友達が時々美味しい豆や淹れ方を
アドバイスしてくれて…

今日々精進しています((*´∀`*)笑)

今は三ノ輪三丁目ネルドリッパーを使っています。
なかなかカフェの友達みたいに上手くはなって
ないかもなんですが…毎日そのほんのひと時ですが
大切にしています。

私も珈琲教室、来年はトライしてみたいなぁ。

またプログ訪問させてくださいマセ。
ヨロシクお願いしまーす。(∩´∀`@)⊃




(o・・o)/~
Commented by chicher at 2013-12-09 15:46
☆locca sama☆

こんにちは〜☆

今回のワークショップは、普段疑問に思っている事も聞けたので、
なかなか内容の濃い時間が過ごせました♪
私もコクがある珈琲が好きなので、
コクがあってリッチなタンザニア珈琲、凄く興味がわきます。
私は普段南米系を飲むことが多いですね〜^^♪
サンタロウは5種類の珈琲を飲み比べましたが、ちょうど真ん中の濃さで
フルーティーさも感じられる飲みやすい珈琲でした。
今また、珈琲を淹れるのが楽しくなって来ています^^*
Commented by chicher at 2013-12-09 15:57
☆reimamaa sama☆

こんにちは〜☆

酸味を感じる珈琲は、私も苦手なのですが、
今回のワークショップで、新鮮な豆であれば、
淹れ方でフルーティーに感じられることがわかりました。
いろいろな事がわかってくると、淹れるのが楽しくなってきますね^^♪
私はネルドリッパーは使ったことがないのですが、
コクのある美味しい珈琲が淹れられそうですね^^*

今回のワークショップは楽しかったですョ♪
勉強の機会がありましたら、是非…。

こちらこそ、これからも宜しくお願いします^^*
by chicher | 2013-12-06 15:48 | お出かけ | Comments(8)