キシェの暮らしスタイル


by キシェ

<   2015年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧

5月も今日で終わり。
朝からすでに夏日!!!
「お弁当、涼しい場所に置いておいてね〜☆」
と言って渡すのが、最近の習慣♪

■■ 5/27水曜日 B-#147 ■■
b0223999_14391992.jpg


b0223999_14403352.jpg

□■□お品書き□■□
*豚肉とパプリカの甘辛炒め
*チーズ・コーン入りさつま揚げ
*スナップえんどうの塩ゆで
*ゆで卵 ピンクペッパーをのせて
*明太子入りポテトサラダ
*ブロッコリースプラウトのハム巻き
*プチトマト *フリルレタス
*ごはん:*ゆかり *梅干し(かつお梅)






■■ 5/28木曜日 B-#148 ■■
b0223999_14412015.jpg


b0223999_14415889.jpg

□■□お品書き□■□
*サーモンのフライ
*スナップえんどうの塩ゆで
*揚げソーセージ
*ブロッコリースプラウトのハム巻き
*フライドポテト
*青ネギ入り卵焼き
*プチトマト *フリルレタス 
*ごはん:*ごま塩 *梅干し(かつお梅)






■■ 5/29金曜日 B-#149 ■■
b0223999_14423731.jpg


b0223999_14435123.jpg

□■□お品書き□■□
*ハンバーグ
*スナップえんどうの塩ゆで
*ポテト・人参・えんどう豆のバター炒め
*カニかま
*ゆで卵 ピンクペッパーをのせて
*きゅうりのハム巻き
*プチトマト *フリルレタス *大葉
*ごはん:*昆布のふりかけ
     *梅干し(かつお梅)




皆さん、いつも応援ありがとうごさいます〜♪
これからも、ポチッとしていただけたら嬉しいです^^*

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村

[PR]
by chicher | 2015-05-31 14:47 | お弁当 | Comments(0)

5月の中国茶のお稽古

5月の中国茶のお稽古。
5月も4月に引き続き、明前茶をいただきました。
緑茶や白緑茶、そして、お湯を注ぐと茶葉が緑から黄色に変化していく黄茶を。
味も香りも瑞々しく、
    茶葉は初夏を思わせる鮮やかな色で、清々しい気分に^^*   
b0223999_1644227.jpg


暦の上でもっとも吉日とされている、
「天赦日」(てんしゃび)
があることを教わりました。
年に何回かしかない貴重な開運日。
新しいことに挑戦したり、スタートさせるにはもってこいの日。
調べてみると、2015年は、
3月3日・5月18日・7月17日・9月29日・12月14日
カレンダーにしるしを付けて、新しいことを始めるもの良いかもしれません。

b0223999_1652055.jpg


b0223999_1662836.jpg

☆ 茶事録 ☆
立夏 五月六日 
    夏の気立つ。新緑盛ん。
    陽の気旺盛になる為、陰陽のバランスをくず
    し、悪い日とも呼ばれる。
小満 五月二十一日
    物事ほぼ成熟する。
    実の入る果樹、結実の見込み。
       
★ お茶 ★
*白毫銀針 2015明前 【緑茶】 (福建省)
*南京雨花茶 2015明前  【くき茶】 (江蘇省)
*緑毛峰 【白緑茶】 (浙江省)
*君山銀針 【黄茶】 (湖南省)
明前茶:4月5日まで清明節以前に摘んだお茶。
 
         
☆ 床の間のお花 ☆
*テッセン *五月梅 …他


b0223999_1685834.jpg
b0223999_1610336.jpg
☆ 乾菓 ☆
*ゴーヤ *たけのこ *りんご *杏 *ナッツ類 *クッキー *レーズン…他


b0223999_16105434.jpg
b0223999_16115371.jpg
☆ 点心 ☆
 *中華ちまき              *蒸しメロンを冷やして




皆さん、いつも応援ありがとうごさいます〜♪
これからも、ポチッとしていただけたら嬉しいです^^*

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村

[PR]
by chicher | 2015-05-29 16:58 | お稽古 | Comments(2)
えんどう豆・スナップえんどう・そら豆をたくさんいただいて、
ただいま豆三昧^^*
お弁当にもたくさん入れて♪ 美味しくて、助かります〜☆

■■ 5/20水曜日 B-#144 ■■
b0223999_16532847.jpg


b0223999_1654443.jpg

□■□お品書き□■□
*鶏唐揚げ
*かぼちゃのフリット
*チーズ入りたらばステック
*青ネギ入り卵焼き
*スナップえんどうの塩ゆで
*プチトマト *フリルレタス
*ごはん:*ゆかり *梅干し(かつお梅)







■■ 5/21木曜日 B-#145 ■■
b0223999_16545964.jpg


b0223999_16553444.jpg

□■□お品書き□■□
*海老チリ  レモンを添えて
*スナップえんどうの塩ゆで
*揚げソーセージ
*ブロッコリースプラウトのハム巻き
*エンド豆とそぼろのオムレツ
*プチトマト *フリルレタス 
*ごはん:*ごま塩 *梅干し(かつお梅)







■■ 5/22金曜日 B-#146 ■■
b0223999_16555632.jpg


b0223999_16563494.jpg

□■□お品書き□■□
*パプリカとピーマンの肉詰め
*スナップえんどうの塩ゆで
*かいわれ大根のハム巻き
*焼き鮭
*ゆで卵 ピンクペッパーをのせて
*豚肉と水菜の炊いたん
*プチトマト *フリルレタス *大葉
*ごはん:*ごま塩 *梅干し(かつお梅)





皆さん、いつも応援ありがとうごさいます〜♪
これからも、ポチッとしていただけたら嬉しいです^^*

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村

[PR]
by chicher | 2015-05-28 17:26 | お弁当 | Comments(0)
クライゲラヒ ホテルに宿泊した朝。
少し早く目覚め、カーテンを開けると外は雪が…。
b0223999_18103021.jpg

散策したかった主人は、雪が降り止むのを待って出かけて行きました。
旅行中の朝の散策が楽しみらしく、海外は特に♪
スーツケースにはしっかり散策用の服も詰めていて、準備万端。

撮って帰った写真は、
自然と水が豊かで、ウイスキーが作られ、育つ場所。

木々の中に浮かぶように建つホテルはお気に入りの一枚。
雪空もクライゲラヒを感じれます。

b0223999_18120141.jpg




b0223999_18115145.jpg




b0223999_18104273.jpg




b0223999_18121125.jpg




b0223999_18122194.jpg

朝食のあと準備を済ませ、
なごりおしさもあったのですが、ホテルを出発♪
この日は、ザ・マッカランの蒸留所に寄って、
インヴァネスの駅に戻り、車での旅は終わり〜☆
再び列車の乗って次の地へ。



皆さん、いつも応援ありがとうごさいます〜♪
これからも、ポチッとしていただけたら嬉しいです^^*

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村

[PR]
by chicher | 2015-05-26 19:05 | お出かけ | Comments(0)

“クライゲラヒ ホテル”の宿泊は1泊でした。
とてもくつろげるホテルで、朝も少し早く起きてゆっくり過ごし、
朝食へ。
b0223999_18124770.jpg


朝食をとる部屋もとても素敵で、やはり暖炉には火が…。
クラッシックな中にも爽やかなインテリア。
窓からは緑が見え、
周りの食事をしている方々も優雅で、
心地いい空間での朝食でした。

b0223999_18131637.jpg


スコットランドらしいメニューで、
パンにはたっぷりジャムを塗って、紅茶と一緒に。
ガラスの密閉瓶に入ったヨーグルトにベリーなどのフルーツをのせて♪
これだけでお腹いっぱいの量だったのですが、
別にプレートが付き、
スクランブルエッグ・ベーコン・ソーセージ・ポテト・マッシュルーム・トマト、
スコットランドの伝統料理のハギスが、
ハギスは羊の内蔵をオート麦・刻んだ玉ねぎやハーブなどと
一緒に胃袋に詰めて茹でたもの。
こってりしていて、クセがあり、
スコッチウイスキーのお供として食べられることが多いとのこと。
スコットランドに行ったら食べてみたいと思っていたのですが、
朝からとは〜!!
でも、食べてみると、朝食用に味付けされているのか!?
あまりクセを感じること無く、食べやすいハギスで、
全部食べちゃいました。
朝から大満足〜^^*

b0223999_18125798.jpg



前夜の食事は、“ハイランダー イン”に行ったのですが、
こちらのホテルもディナーと、
スペイサイド最大のボトルのストック数を誇るパブが有名。

b0223999_18132421.jpg

写真は、主人が朝撮ったのですが、
夜だともっと雰囲気があるんでしょうね〜★
ディナーは予約制で、
グランピアン地方のシェフ・オブ・ザ・イヤー受賞や
スペイサイドでの料理コンペでも優勝経験のあるシェフの料理を
楽しむことが出来るそうです。

b0223999_18142965.jpg

パブの石積みの壁も良い雰囲気。
もう1泊したかったホテルでした。

b0223999_18144866.jpg



皆さん、いつも応援ありがとうごさいます〜♪
これからも、ポチッとしていただけたら嬉しいです^^*

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村

[PR]
by chicher | 2015-05-25 19:30 | お出かけ | Comments(2)
夕食は、
クライゲラヒ ホテルのディナーとパブは有名で魅力的だったのですが、
近くにあるもう1つのホテルの“ハイランダー イン”へ
b0223999_17392488.jpg


ハイランダー インは、数々の賞を受賞したパブが併設されていて、こちらも有名で人気♪
日本人のバーテンダーさんもいらっしゃいます。
お腹がすいていたのでまずは、ビールと食事を〜^^*
食べたかったフィッシュ&チップスとハンバーガー・サラダ・パスタを注文。
ボリュームたっぷりでしたが、美味しくて4人でペロリと食べちゃいました。
特にフィッシュ&チップスが美味しかった〜^^♪

b0223999_17392890.jpg


行ったのは夜まだ早い時間で人は少なかったのですが、
地元の方も多く訪れるパブらしく、
夜が深まるにつれ徐々にお客様が増え賑わってきました。
日本人のバーテンダーさんにもご挨拶していただき、
パブなので、食事のあとウイスキーを飲みたかったのですが、
お腹がいっぱいで、飲むところまで至らず^^;;
ホント〜に残念!!!
ボトルの並ぶ店内は雰囲気があり、
ウイスキー愛好家にはたまらない場所だと思います。

b0223999_17393301.jpgb0223999_17393601.jpg










左の写真は、クライゲラヒのお店ですが、
日本にも東京に姉妹店があります。
主人が、東京のお店でクライゲラヒのお店を紹介頂きました。
お江戸に行く機会があれば、
是非行って、今度こそはウイスキーを飲みたいな〜☆


【SHOP MEMO】
□□Highlander Inn tokyo□□
ハイランダー イン・トウキョウ
東京都中野区中央2-1-6コーポ武蔵屋B1F
TEL:03-3366-2588



皆さん、いつも応援ありがとうごさいます〜♪
これからも、ポチッとしていただけたら嬉しいです^^*

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村

[PR]
by chicher | 2015-05-24 19:13 | お出かけ | Comments(2)
インヴァネスに到着し、エルギンでカシミヤを見たあと、
この日は2ヶ所の蒸留所(グレンフィディックバルヴェニー)を巡りホテルへ。
スコットランド1日目から充実した旅になりました。
b0223999_16190938.jpg


宿泊は、蒸留所から北西に行ったクライゲラヒ。
ウイスキー愛好家とって有名なホテルやパブがある小さな村です。
その中にある“クライゲラヒ ホテル”で♪

b0223999_16192125.jpg


目に入ってきたホテルは、絵本に出て来るような外観で、
中に入っても、暖炉に火が入り、クラッシック装い。
レセプションの他にも、本が読めたり、みんなでおしゃべりが出来る部屋もあり、
ゆっくり寛げるホテル。
寒い期間が長い場所らしく人が集う部屋には暖炉が、
火を見ながらそれぞれが好きに過ごすせれるのは、とても贅沢な時間。

b0223999_18220827.jpg


個室もとても素敵で寛げる空間。
真っ白なチューリップがさりげなく飾られているのも安らげ、
私以上にこの部屋を気に入っていたのが、主人。
理想の空間らしく、
帰国してからも、クライゲラヒホテルは良かった〜☆と言っているほど!!
またいつか行く機会があれば良いですね^^*

b0223999_16193059.jpg


クライゲラヒホテルは、
1893年に建てられた4つ星のホテル。
部屋は全26室、室内は改装されているものの、アンティーク調に統一され設立当時の雰囲気が色濃く残っている。




□□Craigellachie Hotel□□
クライゲラヒ ホテル
Victoria Street,Craigellachie,AB389SR,UK
TEL:+44-0-1340881204




皆さん、いつも応援ありがとうごさいます〜♪
これからも、ポチッとしていただけたら嬉しいです^^*

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村

[PR]
by chicher | 2015-05-23 17:59 | お出かけ | Comments(0)
週末は、お弁当アップで^^♪
この週はあっさりした煮物が食べたくなり、高野豆腐を炊いて。
たくさん炊いたので、お弁当にも、
そして翌日は小さく刻んで溶き卵をプラス。
色々変化させながら食べ切りましたが、煮物は飽きない味。

■■ 5/14木曜日 B-#142 ■■
b0223999_19391998.jpg


b0223999_19392367.jpg
□■□お品書き□■□
*鮭の塩焼き
*アスパラガスの塩ゆで
*ちくわのきゅうり挟み
*ゆで卵 ごま塩をのせて
*高野豆腐の炊いたん 
 ・海老・椎茸・オクラ・人参
*大葉
*ごはん:*ゆかり *梅干し(かつお梅) 




■■ 5/15金曜日 B-#143 ■■
b0223999_19393287.jpg



b0223999_19394259.jpg

□■□お品書き□■□
*鶏ささみのフライ レモン添え
*揚げかにシュウマイ
*アスパラガスの塩ゆで
*スナップえんどうの塩ゆで
*ちくわの大葉と練り梅巻き
*青ネギ入り卵焼き
*プチトマト *フリルレタス 
*ごはん:*ごま塩 *梅干し(かつお梅)




皆さん、いつも応援ありがとうごさいます〜♪
これからも、ポチッとしていただけたら嬉しいです^^*

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村

[PR]
by chicher | 2015-05-22 20:05 | お弁当 | Comments(0)
***つづき***

■■■ザ・バルヴェニー■■■

b0223999_16582920.jpg


グレンフィディックの創始者が、創業の5年後に第2蒸留所として1892年に創業。
同じ敷地内にあり、グレンフィディックから車で5分ほどのところにあります。
バルヴェニーとは、ダフタウンにある古城の名前で、
ゲール語で「山の麓の集落」の意味。

b0223999_16583458.jpg

こちらは、ビジターセンターの見学のみ。
テイスティングが出来なかったのが残念でした。
職人さんの手によって伝統的な手法で丁寧に作られていて、
こだわりの1つが、フロアモルティングを行っていること。
樽の使い分けも積極的で、
バーボン樽・シェリー樽のみならず、ワインやポートワインの樽など、
様々な組み合わせで多様なモルトを少量生産。
ネーム入りのクラッシックカーが置かれるなど、
伝統やこだわり感じられる建物や展示も素敵でした。
是非、飲んでみたいウイスキーになりました^^* 



■■■ザ・マッカラン■■■

b0223999_16585819.jpg

こちらも、ビジターセンターの見学のみでしたが、
テイスティングはさせていただきました。
多くのコンペティションでNo.1に輝き、
「シングルモルトのロールスロイス」と讃えられているマッカラン。
1824年にハイランドで2番目に蒸留ライセンスを取得し、
合法的に蒸留が行える政府登録蒸留所として発足。
原料は、専用で作られた大麦、湧き水、イースト菌のみを使用しているそうです。
私は、まったりした味わいに甘みを感じました。

b0223999_17043563.jpg

さすがスペイサイド!!
車で走りながら蒸留所をたくさん目にしたのですが、
今回、代表する3ヶ所を巡れて、
今までなんとなく飲んでいたスコッチウイスキーに対する思いが変わりました。
これからは、ワインと共にウイスキーも楽しんでいけそうです。



皆さん、いつも応援ありがとうごさいます〜♪
これからも、ポチッとしていただけたら嬉しいです^^*

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村

[PR]
by chicher | 2015-05-21 18:47 | お出かけ | Comments(0)
今回スコットランドまで行った目的の1つがウイスキーの蒸留所巡り。
スペイサイドの代表的な蒸留所を3ヶ所巡りました。
スコットランドには現存する蒸留所が100ヶ所といわれていますが、その半分がスペイサイドに集中。
渓谷が多く緑深く湿潤なこのエリアはかつてのウイスキー密造者が隠れやすいという地形的な特長から
密造の歴史が世界的な名門蒸留所を生み出しました。

■■■グレンフィディック■■■

b0223999_15474266.jpg


グレンフィディックの蒸留所は1887年創設。
1963年、ブレンデット用ではなく、世界で初めてシングルモルトとして発売。
知名度は高く、生産規模・見学者数の多さは特筆した蒸留所です。

b0223999_15482703.jpg


石の組積造の洗練された建物。
手入れのゆきとどいた庭には、チューリップなどの季節の花か咲き誇っていました。

b0223999_14495488.jpg


展示・販売所も充実していて、見てまわるのも楽しく、時間をとってしまい、
マーケティングの上手さも感じました。
グレンフィディックとは「鹿のいる谷間」という意味。

b0223999_16470285.jpg

見学者が年間10万人を超えるという人気の蒸留所で、この日も見学者が多数。
スコットランドの奥地、地元への貢献度も大きいそうです。
まず、映像での歴史説明があり、(日本語あり)
作業工程の順番に見学。
ポットスティルや樽の詰め、樽作りの説明もあり、
写真撮影禁止の場所もありましたが、とてもオーブンなところに驚きました。
保守的といわれるスコッチ業界で、
新しい挑戦をし、見学者に広く開放して、
世界にシングルモルトを広げていったグレンフィディックを感じることができました。

b0223999_15492760.jpg


最後に、テイスティング。
やや軽めで洗練された風味の古典的なスペイサイドスタイルのシングルモルト。
すっきりの中に、フルーツ・若草・フレッシュ・キャラメルのような香りに包まれ、
それぞれの違いを感じ、味が変化していくのも楽しめました。
こういう機会はなかなか無いので、良い経験に^^♪

b0223999_15495741.jpg


隅々までゆきとどいたグレンフィディックの蒸留所は、
おトイレとパウダールームまで凄かった〜!!
サロンのような空間になっていて、とても広いスペースに暖炉とソファーが、
天井にはシャンデリア。
こんな豪華なパウダールームは初めて、
誰もいないことを確認して、思わず記念にパシャリ^^;;

b0223999_15500889.jpg





皆さん、いつも応援ありがとうごさいます〜♪
これからも、ポチッとしていただけたら嬉しいです^^*

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村

[PR]
by chicher | 2015-05-20 18:12 | お出かけ | Comments(2)